So-net無料ブログ作成
検索選択

「土づくり資材」を上手に選ぶ [施用効果の高い土づくり資材]

 

効果のある資材がなかなか見つからない…、 そんな声をよく耳にします。

圃場ごとに土の状態や栽培法が違い、さらに天候の影響も受けるため、使ったその年に確実に効果の現れる資材は少ないものです。

では、何で判断したらよいのでしょうか。

**************************************************

まず、 「使う目的」を考えましょう。

何のために求める資材なのか。

 1.土壌改良 

2.発病抑止型土壌づくり 

3. 品質向上

 4.健苗づくり、など

 ***************************************************

そして、資材の効果をより高めるためには…

より効果的な施用法と最適な施用量が大切なポイント

2の「発病抑止型土壌づくり」と、3の「品質向上」を速効力で判断したい時は……                   一部分に多めに施用し、違いを比較します。

4の「健苗づくり」は……少ない混合量から試してみます。

1の「土壌改良」は……2~3年連用します。

 ***************************************************

さらに、 「使い続けて大丈夫か」を考えてみましょう。

土のpHを変えていくもの、

同じ物質のみが蓄積されていくもの(蓄積による害はないか)。

土が永遠に作物を育て続けていくものであるために。

 

 

 

 


はじめての移植、そして、目土入れ [みどりの芝生★すくすく生長記]

移植して順調です・・・  緑が少し広がりました
目土で整えました。根が伸びる環境づくりがポイントです
<2008.4/12>№8


IMG_4861.JPG

伸びてきた株を抜いて分けて、半分だけ移植しました。
勢いがあって、順調です。

IMG_4811.JPG












IMG_4863.JPG










奥のベントグラス・ペンクロスは、枯れた根を取り除いておいて、目土で全体を整えました。
IMG_4796.JPG
増えるのをひたすら待つつもりでいましたが、予定外に、目土に芝生の種を混ぜたものを撒くようになりました
土と芝生の緑のコントラストがきれいです。




コピー ~ IMG_4823.JPG


暖かくなって、生育旺盛! [みどりの芝生★すくすく生長記]

根の張り方は?もう大丈夫・・・
そろそろ移植できそうです。どんどん広がりますように。
<2008.4/9>№7
IMG_4785.JPG




ふさふさと、それぞれの株が伸びて広がってきました。
分けて、移植することにしました。


IMG_4809.JPG




根の伸び方も、思ったよりすごい!
13、4cmに伸びて、細根がたくさんです。




盛り上がった所を掘ってみたら、モグラの穴が、芝の下を通過していました。
モグラ対策が必要です。
折角伸びた根をちぎらないでほしいのに・・・。
IMG_4816.JPG

日差しがうれしい浅い春 [みどりの芝生★すくすく生長記]

すくすく育って・・・願いをこめて
雪の後は春の日差し…。日に日に春めいてきます。
<2008.4/3>№6
4/3.JPG

もぐらも動き始めました。
芝の真下を動いているので、少し土が盛り上がっています。
生育を見ながら、全体を平らにしようと思っています。


4/3'.JPG

奥のベントグラス・ペンクロスは、ずいぶん色がでてきました。
このまま増えて全体を覆うのには、どのくらいの時間が掛かるのか、お楽しみなのですが…。





雪にも負けず [みどりの芝生★すくすく生長記]

遅い春の雪です・・・芝生はすっかり雪の下
夜が明けると雪景色。雪に覆われてしまった芝生ですが、日差しはやはり春らしく、すぐに解けてくれました。   IMG_4680.JPG

          <2008.3/31> №5



暖かな日が春を告げていましたが、突然の雪。
まだまだ信州は安心できません。


エゾムラサキシャクナゲ(エゾムラサキツツジ)の花の蕾がふくらみ、やっと一枝咲き始めたところでした。
明るい日差しを浴びて、日中雪が解けてしまうのを見ると、太陽の偉大な力を感じます。

コピー ~ IMG_4657.JPG







************************************************************************************

たくさん生えて、元気いっぱい! [みどりの芝生★すくすく生長記]

元気に生育しています …ますます緑が鮮やかに
しっかり根が張っているようです、あとは生長するのみ!
              <2008.3/30>№4
3/30.JPG


生育に勢いが出てきました。
でも、まだ気温が低いので、少しずつ少しずつです。





奥のペンクロスグラスも緑になってきました。
しっかり根が張るか心配でしたが、大丈夫。もう少し根付いたら、枯れた部分を取り除いて生育しやすくします。

3/30'.JPG










************************************************************************************









しっかりしてきました [みどりの芝生★すくすく生長記]

ふさふさして緑が鮮やかです
ベルベットベントらしさが、もう表れています。
<2008.3/17> №3
コピー ~ IMG_4544.JPG


穏やかな春の日差しを受けて、生長しています。
まだ気温が低いので、少しずつですが・・・。


ベルベットベントグラスらしい手触りになり、緑も濃くなっています。

3/17.JPG




ペントクロスは、まだ緑がごく僅かです。
昨年秋、根を列にして植えましたものが、これがどんな風に増えていくか、試験的に育てます。

3/17'.JPG










************************************************************************************

春の日差しを感じて目覚めたの・・・ [みどりの芝生★すくすく生長記]

芽が出て少し育ちました
ポツンポツンとちぎって植えた芝。少しずつ増やして前面に広げるつもりです

IMG_4395.JPG
                   <2008.3/6> №2



まだ、朝は霜が降りる日もあり、雪もいつ降るか分かりません。
夜はシートを掛けて朝の日差しがでたら剥ぎ、小さな芽を守っています。



奥の芝生は、また違う品種です。
ペンクロスベント。日本のゴルフ場のグリーンの約80%に植えられている品種です。
ベルベットベントグロスより荒い感じで、まだ緑も萌えません。
一部分、ベルベットべントグロスが混ざったらしく、少し緑色になっています。

IMG_4514.JPG










************************************************************************************




大切な芝だから・・・ [みどりの芝生★すくすく生長記]

絶滅する前に・・・小さな取り組みが始まりました。
ここで絶えそうなのは、みどり鮮やかな西洋種の芝生です
№1 
DSC02497.JPG

大切に守りたいその品種の特徴は、ベルベットのような手触り・・・。
しっかり刈り込むと、ゴルフ場グリーンのように目が詰まり、ソフトでやさしく、それでいてしっかりした葉を
手のひらに感じることができます。
芝生の貴婦人ともいうべき幻の品種は、その名も「ベルベットベント○○」
日本ではほとんど使われなくなってしまった品種です。

今は、ほんの僅かになってしまったけれど、35年近く生を繋いできた愛着のある芝生。
昨年の晩秋、新天地に移り、永住の地に根をおろしたこの芝生はこの春、新しい出発をします。

コピー ~ IMG_3421.JPG

この品種を増やして増やして緑のジュータンにしたい・・・。
そんな祈りを込めて、息づいた芝生の生育を助け、見守ります。

“ベルベットベントグラスの生長記”・・・幕開けです。


************************************************************************************

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。