So-net無料ブログ作成
検索選択

「土づくり資材」を上手に選ぶ [施用効果の高い土づくり資材]

 

効果のある資材がなかなか見つからない…、 そんな声をよく耳にします。

圃場ごとに土の状態や栽培法が違い、さらに天候の影響も受けるため、使ったその年に確実に効果の現れる資材は少ないものです。

では、何で判断したらよいのでしょうか。

**************************************************

まず、 「使う目的」を考えましょう。

何のために求める資材なのか。

 1.土壌改良 

2.発病抑止型土壌づくり 

3. 品質向上

 4.健苗づくり、など

 ***************************************************

そして、資材の効果をより高めるためには…

より効果的な施用法と最適な施用量が大切なポイント

2の「発病抑止型土壌づくり」と、3の「品質向上」を速効力で判断したい時は……                   一部分に多めに施用し、違いを比較します。

4の「健苗づくり」は……少ない混合量から試してみます。

1の「土壌改良」は……2~3年連用します。

 ***************************************************

さらに、 「使い続けて大丈夫か」を考えてみましょう。

土のpHを変えていくもの、

同じ物質のみが蓄積されていくもの(蓄積による害はないか)。

土が永遠に作物を育て続けていくものであるために。

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。